女性

切る整形と切らない整形

美容整形で小顔になる方法は、切らずに注射で行うプチ整形と骨を削ったり脂肪を除去するやり方の二つのパターンに分かれます。どちらも術後に冷やすのは一緒ですが、メイクやシャワーが許可される時期は違うので気を付けましょう。

レディ

切開せずに顔を小さくする

メスを入れずに小顔になる方法としてエラボトックス注射があり、これは骨削りや骨切りなどに比べて費用も格段に安いのが利点です。効果を持続させるためには定期的な治療が必要です。そのほかに二重アゴを改善する脂肪溶解注射もあります。

顔に触れる女性

美容整形で小顔を作ろう

小顔になる方法の中でも人気なのが小顔整形です。これは美容整形外科で受けられ、骨削りやボトックスなどがあります。骨が原因の場合には骨削りが有効で、筋肉の発達が原因ならボトックス、脂肪の蓄積なら脂肪吸引で小顔が作れます。

簡単に小さな顔が手に入る

看護師

注射器だけで効果を実感

もし簡単に小顔を手に入れることが出来たら、とても素敵な事ですよね。美容整形の中のボトックス注射は、そんな希望を実現してくれる施術となっています。このボトックスはボツリヌス菌を使用した施術です。ボツリヌス菌と聞くと何だか怖いイメージがありますが、そのまま使用する訳ではなく、そこから抽出したたんぱく質の一種を使用しており、安全性も大変優れている為、怖がる必要はありません。また、このボトックス注射ですが、小顔になる方法として大変おすすめするのが注射器だけで行える施術だからです。美容整形の中でも小顔になる方法はいくつかありますが、メスを使用するものが多くなっています。しかし、このボトックス注射であれば、メスを使用せず注射器だけで簡単に施術を行うことが出来る為、大変人気になっています。小顔整形の当日の流れとしては、最初にカウンセリングが行われます。どの様なフェイスラインにしたいのかしっかりドクターに伝えることで、ボトックスの注入ヵ所や量を調整しながら施術が行われます。小顔施術の場合はだいたい10分程度の施術時間になりますが、数ヵ所顔の筋肉の大きさに合わせて注入し後は冷やして終了となります。カウンセリングを入れてもトータル1時間程度で終わってしまうので短時間で済みますし、何かのついでに施術を受けることが出来るでしょう。施術中は薬剤を注入する際に少し痛みを感じる程度なので、それ程痛みの心配はいりませんが、痛みに弱い方は事前にドクターに麻酔をお願いしておくと良いでしょう。なぜこのボトックス注射が小顔にすることが出来るのかというと、ボトックスには筋肉の動きを鈍くする効果がある為です。筋肉は使えば使うほど鍛えられ大きくなりますが、使わなければどんどん小さくなってしまうでしょう。その為、顔の筋肉が発達している部分に注入することで顔を小さくして引き締まったフェイスラインを手に入れることが出来ます。ただし、この施術は筋肉に効果がある為、筋肉が原因で大顔に見えてしまっている人にしか小顔施術としては有効ではありません。特にエラ張りの方におすすめの施術であり、施術を受けることでこれまで何をしても改善出来なかった顔の大きさをしっかり小さくすることが出来るのでぜひ挑戦してみましょう。また、施術後は赤みや腫れが少し出る場合がありますが、心配する程度大きなものではなく、メイクでごまかせる程度です。副作用を心配する人もいるかもしれませんが、ボトックス注射は副作用が少ない施術でもある為安心です。もし副作用が出てしまった場合でも、一時的な場合のものがほとんどなので、もし気になる症状が長く続く場合はドクターに相談することをおすすめします。このボトックス注射は小顔になる方法として大変人気であり、多くの人が連日施術を受けています。施術を受けることで、コンプレックスだった顔の大きさを改善することが出来、憧れだった小顔を手に入れることが出来るかもしれません。また、小顔になる方法として優れたボトックス注射ですが、施術を受ければ効果が一生続く訳ではありません。エラ張り改善の場合はだいた半年程度で効果がなくなってしまうので、効果を維持する場合は数ヶ月ごとに再施術をおすすめします。