美容整形で小顔を作ろう

顔に触れる女性

クリニック選びと施術内容

人は誰しも一つや二つのコンプレックスがあると言われています。コンプレックスにはいろいろな種類がありますが、その中でも多くの人を悩ませているのが顔の大きさです。そのため、日々小顔になるための努力を重ねている人が少なくありません。小顔になる方法には様々な方法が提案されていますが、その中でも人気なのが小顔整形です。これは美容整形外科で受けられます。代表的な施術内容には骨削り、ボトックス注射、脂肪吸引などがあります。これらの方法を使えば顔を物理的に小さくすることが出来ます。小顔整形を受ける場合、クリニック選びがとても重要です。現在、日本国内にはたくさんの美容整形外科があり、それぞれに特徴があるので自分にあったクリニックを選びましょう。クリニック選びで押さえておきたいポイントには、施術内容、症例数、料金などがあります。また、フォロー体制や来院者数なども考慮して選ぶと安心です。また、施術内容によってはクリニックの立地やアクセスも重要な要素となります。様々なポイントを総合的に判断して選べば後悔のない施術となるでしょう。事前の情報収集についてはHPや口コミが参考になりますが、最終判断はクリニックでのカウンセリングを受けた後で行います。カウンセリングではなりたいイメージだけでなく、施術内容や料金について確認し、リスクについても質問しましょう。また、担当する医師の実績などについても聞き、曖昧な回答や経験が浅い場合は慎重に検討する必要があるかもしれません。これらに気を付けながらクリニック選びを行えば、あなたにぴったりな小顔になる方法を見つけることが出来るでしょう。小顔になる方法は顔を大きく見せている原因によって変わります。主な原因には骨の出っ張りと筋肉の発達があるため、原因に合わせた施術を行えば高い小顔効果が期待できます。顎やエラの骨の出っ張りが原因の場合はこれらの骨を物理的に削って小顔を作ります。施術は口腔内切開なので傷跡が残る心配がなく、削る場所や量を調整することで理想的なフェイスラインを作ることが出来ます。咬筋などの筋肉の発達が原因の場合はこれを小さくするボトックス注射が効果的です。この注射はボツリヌストキシンから抽出した薬剤を用いたものです。これをエラ周りの筋肉に注射することで動きを抑制することで筋肉を細くします。咬筋は噛みしめ癖などがある場合に大きくなるため、これを小さくすることによって顔全体の大きさを小さくすることが出来ます。顔を大きく見せる要因については骨と筋肉の他に蓄積した脂肪が原因になっている場合があります。よって、これを取り除く脂肪吸引でも小顔を作ることも可能です。この方法も脂肪を取る場所や量などを調整することで理想的なフェイスラインを作ることが出来ます。また、最近は脂肪を解かす薬を注射する脂肪溶解注射という方法もあります。これらの方法で余分な脂肪を取り除けば顔を物理的に小さくすることが可能です。このように美容整形で小顔になる方法には複数の方法があるので自分にあった方法を選ぶことが大切です。また、骨を削る方法は効果が永続的ですが、ボトックスの効果は半年程度とされています。また、脂肪吸引についてもその後の生活次第ではまた脂肪が蓄積する可能性があります。