切開せずに顔を小さくする

レディ

簡単な注射による整形

人気の美容整形ではボトックス注射で小顔になる方法があります。これはボトックス注射を顔のエラにするだけで四角いエラを小さくする簡単な整形です。もちろんエラ骨が発達して大きな顔になってしまっている場合はこの方法は使えません。その場合は骨削りや骨切といった手術が必要となります。しかしアゴの筋肉の働きが強すぎてエラが発達している場合にはボトックス注射は有効に働きます。ボトックスはボツリヌストキシン製剤を使った整形で、これを注射すると発達しすぎた筋肉を委縮させることができます。筋肉に作用するといっても、モノを噛んだり表情をつくるといった働きだったりに影響することはないので心配はありません。ボツリヌストキシン製剤はボツリヌス菌の毒素から抽出した薬液ですが、これは筋委縮症などの治療にも使われている薬剤なのです。また額や眉間のシワを改善する効果もあります。顔のシワやたるみがなくなることでハリのある素肌になり、これも小顔効果の一つとなります。ボトックス注射はその手軽さからプチ整形とも呼ばれ多くの女性に利用されています。エラに注射する場合はアゴを噛みしめて、その時に盛り上がった筋肉に注射をします。医師は筋肉の張り具合で注射する箇所や薬液の量などを決めます。そのほかにメスを入れずにすむ小顔になる方法としてBNLS脂肪溶解注射があります。大きな顔の原因となるものに、エラのほかに頬のたるみや二重アゴがあげられます。注射で余分な脂肪を溶かしてしまうことでフェイスラインがすっきりして小顔になることができます。小顔になる方法として人気のボトックス注射は費用の安さでも評判となっています。たとえばエラ骨削りや骨切りの場合は100万円から150万円程度の費用が必要となります。さらに入院が数日程度必要となるためその費用もかかります。しかしいったん手術を行えばその効果は半永久的に続きます。ボトックス注射の場合の相場は2万円から5万円程度の費用が一般的です。美容整形クリニックではお試し価格を設定して初回は1万円程度の費用で済む場合もあります。しかしボツリヌストキシン製剤は数か月から1年程度で効果が薄れるためこれを持続するために定期的に注射することが必要です。またメーカーによって薬液の性質や効果、費用には違いがあります。高価なボツリヌストキシン製剤は持続力が高いともいわれています。ボトックス注射を受ける前には施術内容だけでなく、どのような薬液を使い、持続期間はどの程度かきちんと聞いておくことが大事です。定期的に治療を受けることになるので、あまり高価ではなく家計に響かない程度の薬液を選ぶことも必要です。また二重アゴなどの脂肪溶解注射はボトックス注射よりさらに安く2〜3万円程度の費用ですみます。しかしボトックスも脂肪溶解もこれらの金額は注射1本の費用なので数カ所施術する場合はその分だけ費用が加算されます。料金の支払いの段階になって慌てないように事前のカウンセリングで料金をきちんと確認しておくことも大事です。この小顔になる方法で、施術後は早ければ2週間程度で効果があらわれてきて、希望のフェイスラインを手に入れることができます。